選ぶ時のポイントは

スーツの人

信頼できる事務所を

弁護士、司法書士、行政書士、士業と呼ばれる仕事には、他にもたくさんありますが、この3つがよく知られています。違いはわかりにくいものですが、同じ法律に関する業務でも、それぞれにできる業務とできない業務があります。中でも行政書士は、書類作成が主な仕事となります。法律関係の書類は複雑で、専門家でないと作成するのは非常に困難です。行政書士が作成する書類の種類は3つに分類することが出来ます。それは、官公庁に提出する書類、権利義務に関する書類、事実証明に関する書類の3つです。会社設立や相続、各種許認可申請など、必要な書類は数多くあり、それを作成するのが行政書士です。登記業務はできませんが、それ以外は行政書士に依頼すると良いでしょう。東京などの大都市には、行政書士事務所がたくさんあります。どのような点に注意して選べば良いのでしょうか。仮に東京にお住まいならば、やはり場所が近くて交通の便が良いところが便利でしょう。費用を確認するのも大切です。東京は特に地価が高いため、その分も費用に上乗せされているかもしれません。料金形態が明確で、納得のできる費用を提示してくれる事務所を選びましょう。費用の面だけでは選べない、という場合は評判や実績を調べてみるのも良いでしょう。後、大切なのは、仕事を請け負ってくれる行政書士と実際会ってみることです。自分の感覚や受ける印象は、案外大切なものです。この人ならお任せできる、と感じたなら、間違いないのではないでしょうか。東京でもきっと良い行政書士に出会うことができるでしょう。

Copyright© 2017 相続手続きの疑問は税理士に相談【事務所選びのポイントとは】 All Rights Reserved.